信州建築構造協会

公開セミナー|ASBS 信州建築構造協会|耐震診断は構造設計のプロ集団 ASBSへ

信州建築構造協会1月例会のご案内

主催 信州建築構造協会
開催日 2020/01/24
時間 14:30~17:00 (受付 〜)
参加費 1,000円
講演内容
1つの構造デザイン手法(JSCA賞作品賞・日本構造デザイン賞作品賞から)
Arupシニア構造エンジニア/ビルディングエンジニアリング 伊藤潤一郎氏
会場

アルピコプラザホテル

松本市深志1-3-21
TEL:0263-36-5055

セミナーレポート

◎ 構造エンジニアの面白さとは ◎
○ 1月例会で伊藤潤一郎氏が講演 ○

 1月24日、当会は松本市内で1月例会を開催しました。

 講演会は、オーヴ・アラップ・アンド・パートナーズ・ジャパン・リミテッド(東京都)のシニア構造エンジニアである伊藤潤一郎氏に登壇いただき、『1つの構造デザイン手法(JSCA賞作品賞・日本構造デザイン賞作品賞から)』をテーマにお話しいただきました。
 「そもそも構造デザインで何だろうか?」と投げかける伊藤氏。構造エンジニアとしての経歴を振り返り、「著名な建築家と数々の作品に携わってきたが、構造設計の面白さを感じることができず、だから作品に思い入れもほぼなかった。2012年に気持ちを切り替えて、賞を取りにいった『クズミ電子工業藤沢新工房』がきっかけで、エンジニアとして作品づくりをする決心がつき、仕事に取り組めた」と話しました。
 伊藤氏は、その後に手がけた太田市美術館(群馬県)や京都学国語大学新4号館キャンパス(京都府)での取り組みをスライドで紹介しながら、構造エンジニアとしてのこだわりや工夫について話していました。


写真:伊藤潤一郎氏

一覧に戻る

ページ上部に戻る