信州建築構造協会

公開セミナー|ASBS 信州建築構造協会|耐震診断は構造設計のプロ集団 ASBSへ

信州建築構造協会9月例会ならびに懇親会

主催 信州建築構造協会
後援 一般社団法人 長野県建築士事務所協会
開催日 2016/09/30
時間 1.理事会 PM0:30~1:20
2.見学会 PM1:30~4:30
3.懇親会 PM6:00~  国際21クリスタルホール
(上田市天神4-24-1 TEL:0268-24-1401)
 会費  4,000円 宿泊 3,000円
(会よりの宿泊の補助は一社1名とさせていただきます。) (受付 〜)
参加費 参加費無料 懇親会4,000円 宿泊3,000円  ※懇親会・宿泊の補助は一社1名とさせていただきます。
講演内容
第一部
理事会(道の駅 マルメロの駅ながと 長和町商工会 2階大会議室)
第二部
斉藤木材工業株式会社 工場視察(斉藤木材様 ナガト工場・上小林材工場)
会場

道の駅 マルメロの駅ながと 長和町商工会2階大会議室

セミナーレポート

同社ナガト工場で説明を受ける。大断面集成材の製造から加工を一貫して行う



「9月例会
齋藤木材の集成材工場見学 信州カラマツを高度利用」

9月例会は30日に小県郡長和町にある齋藤木材工業(齋藤廣社長)の集成材を製造するナガト工場と古町工場を見学した。

はじめのあいさつで新井典夫会長は「これから木造の建造物が増えてくるのは間違いない。継続的に勉強していくことが重要で、今日は実際にものをつくっている現場を見られる良い機会」と説明。ナガト工場は、構造用大断面集成材の製造から加工までを一貫して行うJAS認定工場。受注生産で月あたり200立方メートルを出荷、半分が県内向け、6~7割が公共物件。

注文に素早く対応するため常時在庫のラミナは1,500立方メートル。「3,000立方メートルくらいほしいが、地産地消が進み我が村・我が町の材に対する要望が増え、逆に在庫は減っている」と工場長の齋藤健専務は話す。樹種はさまざまだが、メインは信州カラマツ。針葉樹ながら強度があり腐りにくいため土木用に重用されたが、建築用としてはくるいやねじれ、ヤニの問題から敬遠されてきた。そこに価値をつけ、用途を広げてきたのが集成材。

同社は昭和58年に国内で初めてカラマツ集成材の製造に着手、現在に至るまでさまざまな集成材建築物を手がけてきた。建築用材としてカラマツの強度や耐久性が最注目されるなか、当日は木部をモルタルで被覆しさらに外周を木で覆った1時間耐火性能を持つ不燃材の集成材も出荷を待っていた。

古町工場は、ラミナの製材・乾燥と住宅向け構造用集成材の規格材を製造。丸太在庫は3,000立方メートルで、月あたり1,600~1,700立方メートルを製材、乾燥しナガト工場へ供給する。

丸太を挽き板に製材し、桟積みして700立方メートルずつ釜に入れ100℃で5~6日。含水率管理は15%以下で「6日で10~12%に落とす」と言う。1枚ずつグレーディングマシンを通し含水率と強度を検査、含水率15%以上は再乾燥へまわる。構造用集成材は全て住宅向けの規格材。40~50種類の梁・桁、柱をストックしている。

photo
最も歩留まりのよい木取りを計算し丸太を挽き板に製材

一覧に戻る

ページ上部に戻る