信州建築構造協会

公開セミナー|ASBS 信州建築構造協会|耐震診断は構造設計のプロ集団 ASBSへ

信州建築構造協会3月例会

主催 信州建築構造協会
共催 JSCA長野
後援 一般社団法人 長野県建築士事務所協会
開催日 2016/03/11
時間 PM 1:50〜5:00 (受付 PM 1:30〜)
参加費 1,000円
定員 約50名を予定しています。(信州建築構造協会会員を含む)
講演内容
第一部
【技術説明会】
①一貫構造計算ソフト利用における留意点について
②一貫構造計算プログラムSEIN La CREAの特徴と機能の御紹介
①㈱NTTファシリティーズ総合研究所
構造設計システム部担当部長 荒川 延夫氏
②㈱NTTファシリティーズ総合研究所
マーケット開発部 中江 信男氏
第二部
【講演会】「長野県を取り巻く金融経済動向」について
日本銀行松本支店長 岡本 宜樹氏
会場

メルパルク長野

長野市鶴賀高畑752-8
TEL:026-225-7800

セミナーレポート

3月の公開講演は、「長野県を取り巻く金融経済動向」と題して日本銀行松本支店の岡本宜樹支店長を招き開催しました。

岡本宜樹支店長は、はじめに注目される「マイナス金利」について触れ、「消費者物価指数を2%に引き上げるための取り組み。借り手となる企業や国民には有利となる。瞬時には効果見えにくいが半年、1年と効き目を実現させていく。世の中にお金を流通させていく事が目的。この機会を活用してほしい」と話し、経済の動向では「中国経済は個人消費が好調で大きな崩れはない、国内も大企業を中心に設備投資が出ている。


photo
日銀松本・岡本支店長が経済動向語る

長野県も非製造業は観光面などで改善の方向にあるが、製造業ウェートが全国平均と比べ高い県内は、中国向けなどの製造業で影響が出ているようだ。長期見通しを考えると『より収益力を高める』ためには設備投資は必要」などと、世界や中国の経済状況や見通しを織り交ぜながら説明されました。
当日は技術説明会も開き、NTTファシリティーズ総合研究所の荒川延夫部長らが、一貫構造計算ソフト利用における留意点や、一貫構造計算プログラム「SEINLaCREA」の特徴と機能について事例を示しながら解説しました。

一覧に戻る

ページ上部に戻る